エントリーフォーム最適化の目的

エントリーフォーム最適化とは、Webサイト上で商品購入、入会、資料請求、見積り請求、問い合わせなどを行なう際、個人情報を入力するためのフォームを見やすくしたり、操作性を向上させたりすることです。入力を行なう項目数をできる限り少なくする、エラーはリアルタイムで表示してエラー項目以外の入力内容が消えないようにする、郵便番号を入力すると自動的に住所が入力されるようにする、各入力項目に記入例を表示させる、SNSなどのアカウント情報をエントリーフォームに反映させて入力の手間を省く、確認や次に進むためのボタンを大きく見やすく表示するなど、エントリーフォーム最適化の方法は多数あります。

ユーザーにとって使いやすいエントリーフォームを作り上げることの目的は、エントリーフォームを設置しているページの離脱率を低くすることにあります。ウェブサイトごとに離脱率には差がありますが、高いところでは7~9割になるともいわれています。離脱率が高ければたとえばネットショップの場合、商品の購入意欲があってエントリーフォームのあるページまでやって来たものの、入力項目数が無駄に多いことなどにストレスを感じ、注文を完了させることなくページを出て行ってしまっている人が多いことを意味しています。離脱率が高ければ高いほど、多くの顧客・利益を逃していることになります。

当サイトではエントリーフォーム最適化の必要性を感じた人のため、最適化のためのツールの種類を紹介しています。また、ツール選びのポイントも解説していますので、興味のある方は別のページの内容もチェックしてみてください。